陰茎増大手術に興味がある人がよく持っているコンプレックスとは

陰茎増大手術に興味がある人がよく持っているコンプレックスとは

ペニスのサイズが小さいのがコンプレックス

陰茎増大術をやりたいと思っている人が持っているコンプレックスの一つは、ペニスのサイズが小さいことです。日本人のペニスは、勃起をしたときどのくらいのサイズなのかというと、あるメーカーの調査では13.56cmという結果が出ています。平均的なサイズに届かなければ駄目だということではありませんが、平均よりもはるかに小さいと勃起をしているのかどうかがわかりません。それに性行為をするときに、挿入をしていても、その感触があまりなくなってしまいます。そうなると男性としての自信を失います。ペニスのサイズがにコンプレックスを抱いていれば、その感情が自律神経のバランスを崩しEDを引き起こします。それでは女性と積極的に付き合うこともできなくなり、恋人を作ったり結婚をする機会が失われます。

陰茎増大術をすればサイズは大きくなりますから、そんなコンプレックスを解消して女性にペニスを見せられます。陰茎増大というのは長さだけでなく太さも増しますから、見た目だけでなく性行為をしたときに相手を喜ばせることができるので男性としての自信も高まります。

亀頭に包皮がかぶっている

陰茎増大術に興味を持っている人が抱えているコンプレックスとして、包茎があります。男性の多くは仮性包茎といわれていますが、中には簡単に包皮が剥けない真性包茎やカントン包茎という人もいます。性行為をするときや風呂で体を洗うときに、包皮を剥けるならば勃起をするのも亀頭の周辺を洗うことも問題ありません。しかし、包皮がかぶったままでは、勃起がしにくくなり性行為に影響が出ます。しかも、綺麗に洗えないので、亀頭の周辺に、雑菌が繁殖してあまり衛生的ではありません。ただでさえ、包茎というのは女性に見られて恥ずかしいという気持ちを抱くのに、不衛生となれば男性としての自信は大きく損なわれます。

ヒアルロン酸や患者から採取した脂肪を注入する陰茎増大術を行えば、亀頭部分も大きくなるので包皮がカリ首と呼ばれる部分でとどまり露出できるようになります。それでも包皮の締め付けがきついときには、一緒に締め付けている部分を切除すれば包茎は解消できます。

まとめ

陰茎増大術に興味を持っている人が抱えているコンプレックスは、ペニスのサイズが小さいことと亀頭に包皮がかぶっている包茎です。どちらも見た目が良くないし、性行為しようと思っても十分にできない可能性があります。男性としての自信が失われたら、勃起ができないEDを発症します。そのために女性に対して、積極性を失えば人生を豊かにする大事なチャンスもつかめません。陰茎増大術を行えば、ペニスのサイズも包茎も、解消することが可能です。男性としての自信を取り戻し性行為ができるようになります。

タグ: ,